J1第11節 v.s. 鹿島アントラーズ(A) 1-2 負け
オフィシャル試合詳細

まあ仕事してて、試合は見てないんで、速報の映像とスタッツと選手や監督のコメント等から判断するしかないわけですが。
普段から「結果がすべてではない」と言ってるのですけれど、内容が良いときに結果が伴わないのはキツイね。こういう試合で勝てないと、また選手の心理的な部分に影響が出てきそうだし、共通理解のところが揺らいだりするから。
まあ鹿島の倍シュートを打って、ボール支配率でも圧倒して、小笠原のPKがポストに弾かれて、それで勝てないのもサッカーの現実であって、オジーの言葉を借りれば「サッカーは非情なところがあります」ということなのだろうけれど。そういう非情さと向き合うには、ヴェルディの選手たちは少々ナイーブに見えるのよね、時々。悪いことではないけれど、糸一本つかんででも前に行こうというか、逆に微かに後ろ髪引かれたときに、体が動くかどうか、とか。
FC東京がロスタイムに大宮に追いつかれた。きっかけは今野のクリアボールが大宮のトニーニョに当たってしまったところから。あの今野が、と思うわけですよ。つまり、慌てずに冷静に状況を把握して、ほんの0.5秒考えれば違う判断があったはずなのに、と。それが出来るはずの選手だろうに、と。
最後、小笠原が独走したシーンで、なぜそうなったのか。あれだって少しの配慮があれば防げた、というシチュエーションなのに。競った試合、難しいゲームであればあるほど、わずかな冷静さと判断力が結果を分けてしまう。でも振り返ってみると、それは「勝てない」チームの状況がそうさせている側面もあると、率直に思うのですよ。
だからこそ、何かきっかけが欲しい、という気分にはなるよね。それこそ、平本のヘディングシュートが入っていれば、ずいぶん大きなきっかけになったのだろうけれど、そこがつかめない。ここから先は運の領域?そうかも知れないけれど、同時に運を引き寄せようとすれば、結局は普段のトレーニングの積み重ねと意識付けがあってこそだろうと。鹿島にはそれが濃厚で、ヴェルディのは、まだまだ薄い。
個人を責めるつもりはないのだけれど、李は名古屋戦と同じような形で股抜きをされているし、大悟は前半で交代させられている。彼らの意識付けはどうだ?と問われる立場に来ている。特にベテランの上村や平野の良いパフォーマンスを見るにつけ、ね。

まあとにかく、平本も慶行も戦列に復帰したし、内容も良かったようだし。
切り替えて、次を戦うしかないじゃない。
ここから先はハートですよ。ええ。
[PR]
by eixeix | 2005-05-09 02:10 | サッカーとか。
<< J1第12節 v.s. 柏レイ... J1第10節 v.s. セレッ... >>