J1第10節 v.s. セレッソ大阪(A) 0-0 引き分け
オフィシャル試合詳細

忙しさにかまけて大阪に行けなかったのですが、我慢できずにこれでもってネット観戦。仕事が手につかんのじゃこら。

内容的には悲観的になるようなものでなかったと思うが、やはり勝ち点がもっと欲しいなぁ、というのが本音。後少し、何か少しが足りないというもどかしさが強い。
前半からパス交換はスムーズ。セレッソもそれなりには追い込んで来てるけれど、我慢強く揺さぶれば意外と穴は開いた。ただし、そこで不用意なミスがあったりとかして、だったらもう少しダイレクトを意識してプレーせえよ、と思っていた。その辺は試合中に徐々に修正されたかな、と思っていたが、単に疲れてただけかも知れない。
満足した点としては林と山田を含めた守備陣のパフォーマンス。山田はうるさいゼ・カルロスをよく抑え込み、他のメンバーも西澤や古橋、森島らから目を離さなかった。リトリートも早く、手詰まったセレッソがゴール前で横パス→遠めのシュート→外れ、という場面も多く目に付いた。まあ下がるのに意識が行き過ぎて、バイタルが空きがちだったのてはあるだろうけれど。
慶行の復帰は好材料。動きの質も悪くなく、期待が持てる。途中交代で出た玉乃も2度の決定機を演出するなどした。もっと2人とも出場時間が伸びると良いね。
平本不在の中、森本がどうかな?と思ったが、見せ場は少なく。ただキーパーに防がれたシュートも、よく見るとキーパーの股の間をきっちりと狙いにいってる。もう少しいいタイミグでパスをあげられれば、と思う反面、セレッソの守備陣はしっかりと仕事をしていて、付け入る隙は少なかった。ワシントンも決定機を演出したが、こちらもセレッソの粘りに防がれた格好。前田は良いディフェンダーだね。強さがあるし、判断力も良い。ボールを奪ったあとと言うより、攻撃につなげる意味でボールの奪い方の方にもう少しアイデアがあると、もっと伸びそうな気がする。
決定機そのものは、贔屓目ではなく、こちらの方に分があった気がする。ただ運動量が最後まで追いつかない。コンディションもあるだろうが、アタックに入ったときにゴールに近いエリアでどうしても「薄い」。あとやはり米山がいないと、攻撃の一歩目になるパスもバリエーションがなぁ、と思ってしまう。ショート→ショート→ロングのリズムが作れない。山田が絞った時に李が一つ前に上がってゼ・カルロスの裏のスペースを使ってくれると、それだけでかなりワイドな展開ができるんだけれど、そこまではいける場面は少なかったな。ここがもうちょい使えれば、厚さが出るのにな、と思ってしまう。

全体にプレスの連動性は戻ってきてる。それだけに個人・チームのコンディションが揃わないのがもどかしい。日程は過密だがもうひと踏ん張り。次は鹿島か。こういう相手のほうが、却って良い試合になりそうな気がするので、ひとまずは期待しておく。
[PR]
by eixeix | 2005-05-05 01:43 | サッカーとか。
<< J1第11節 v.s. 鹿島ア... J1第9節 v.s. 横浜F・... >>