J1第5節 v.s. アルビレックス新潟(H) 2-2 引き分け
オフィシャル試合詳細

うーん。ドローかぁ。平本の病気が絶賛再発中。
全体的な感想としては、ちょっとまだバランスが悪いというか、選手や監督が言うようにソリッドさが足りないという印象はある。1失点目は平本の不用意な横パスをカットされたところから、最終的に米山がセンターから引っ張り出されたところへエジミウソンに割って入られたし、2失点目もボールを奪われたところから、ワシントンが梅山に最後までつかずに離れたところを、あわてた相馬がポジショニングを躊躇してクロスを送り込まれてる。
新潟は複雑な策を練ってきた感じではないけれど、狙いの的を絞って、効果的にやってきた。ブラジル人2人の運動量と速さが目に付く。鈴木慎吾が大悟をよく見てて、その分、左サイドはそれほどの脅威じゃなかったけれど、右の梅山からやられちゃったしね。相馬がどんどんアタックに出ればそうなるのは明白で、結果として決定的なクロスを供給も出来てるのだから、どちらかを犠牲にしなきゃいけないとなれば、守備はある程度あきらめるしかないのだろうと。相馬が戻ったことで、アタックの推進力そのものが本当に回復しちゃったし、それはリスクと折り合いつければ良い。そのために平野が出てるんだろうと。実際、平野の出来は良かった。アシストにつながったクロスだけでなく、前にボールを奪いに行くディフェンスであったり、シンプルなボールの動かし方であったり。この試合では「使う人」だったね。これこそベテランの味だろと。相馬本人も、だいぶ時間が残ってるのに足つったりとかしてて、そこへ平野が負傷退場しちゃったのは大変だっただろうが、しばらくぶりの試合と考えれば、良い出来だったと思う。
シンプルに縦に突いてくる新潟のアタック陣(と言っても他に戦術レベルでの攻撃の多様性はないんだけども)に対して、ヴェルディはマーキングなのか、ラインを上げるのかの意思疎通も足りない感じがする。カウンターからポスト入って縦にポジションチェンジされたぐらいで、ああもラインの裏を取られるのでは困るなぁ。高木が1対1を良く止めて、それはひとつの成果だけれども、ああいう外国人選手の力に任せた縦ポン的なやり方に対して、じゃあせめて中盤でミスしないとか、忠実に責任感持ってマーカーは役割果たすとか、その辺はやってかないと、バックラインは上げ下げだけで日が暮れてしまうよ。
平本は決定機を何発も外してしまい、特に試合終了間際のは決めてヒーローになるべきところだろ、とは思うのだけれども。
トップ下というポジションを本人が消化できてるとはとても思えないけれど、あれだけ決定機に顔を出していると言うことは、裏を返せば本人の動きの質とかプレーの形にはそれなりにあってるんだろうなと思ってみてた。前向いた方がやりやすいのは明らかだったけど、ちょっと詰めが甘いと言うか、悪い意味で神経質なところが出ちゃってる。これは適正の問題というよりは、純粋に本人の気持ちとかの問題という気も。
ワシントンについては、何となく馴染んできたかな。フィットというより、馴染んだと。そういう感じ。米山は少し調子を上げてきてるように見えた。久場は修行が足りない感があるが、運動量を持ち味にしてきそうかなぁ。玉乃はまずまず。李もまずまず。森本はちょっと影が薄かったね。

ベレーザも見た。こちらはTEPCOマリーゼに2-0で勝利。マリーゼとしては高い位置でボールを奪って、佐藤や丸山というアタッカーの力に任せたかったんだろうけれども、如何せん、肝心の中盤でのプレス戦でベレーザに負けていては、手も足も出ないだろうと。局地戦でも戦術面でも優位にあり、得点差以上の圧勝という感じ。中地と川上の良好な共存関係を見られたし、澤や大野らが相変わらず非常に良いパフォーマンスを発揮してる。収穫は多いと思うけれども、弥生と荒川が戻ったらどうするんだろ?と思ってしまう。こちらはぜいたくな悩みか。
[PR]
by eixeix | 2005-04-25 02:52 | サッカーとか。
<< J1第9節 v.s. 横浜F・... うをおおおおお! >>