J1第2節 v.s. 清水エスパルス(H) 0-0 引き分け
オフィシャル試合詳細

天皇杯決勝以来の生ヴェルディで、今シーズン初生観戦。うむ。
久しぶりにゴール裏前列に紛れ込んだらノドガラガラ。しかも花粉症だし。

ゲーム的には、やや見所薄く、エスパルスの現実感が目に付く。
僕自身は、エスパルスは「テクニックのチーム」だと思っていて、ずっとその印象だったのだけれども、どうやらその考えは今後捨てなければなさそうだ。テクニカルな面で言えば、杉山など面白い人材もいるのだが、現実に相対すれば、往年の鮮やかなパスワークと美しく広がったサイド攻撃は、どうやら過去のものと成り果てたか、と。
少なくともエスパルスのやっていることは中盤・最終ラインできれいに並んだ2列構成を軸とするディフェンス、プレッシングと言うより、ゾーンディフェンスからのカウンターオンリー。セットプレーからなどの切り替えの速さは印象に残り、長谷川健太が意外とシビアにチームを作っているのだな、という感はあったが、面白みには欠けた。速さのある太田とチェ・テウクのサイドハーフがうるさく、センターフォワードのチョ・ジェジンを軸にした攻めに活路があると見ているのだろうが、チョが肝心な決定機を外すなどしており、ヴェルディとしては助かった部分ある。
ただ守備には厚みが出ている。山西、市川の両サイドバックもそれほど頻繁には攻撃参加せず、相馬や山田が縦のコースを切られて手を焼いていたなと。まあそれでも何本かサイドからチャンスを作れていたようにも見えるが、アーリークロス主体で崩すにはGK西部を中心に、森岡と斎藤、高木和道らがよく集中しており、本当に決定的な形まではなかなか至らなかった。ヴェルディとしては少し柔軟性を欠いたというか、一本調子なところがあったと言わざるを得ない。
そういう意味で、後半、ボールを奪って自ら持ち出した米山が、ワシントンとのワンツーからポストに当てるシュートを放ったシーンなどのように、意外性を見せて欲しかったという面は大いにあるし、本来で言えばそういう意外性を生み出せるはずの大悟あたりがもう少し高い意識でプレーして欲しかったな、と。
ワシントンについては、ポジショニングの上手さはあるが、中盤との相互の連携に不足も見られ、もう少し時間がかかってくるか、とは思う。が、一方で相手ディフェンスがあれだけリトリートしてしまっていては厳しい部分もあるか。カウンターを取れる場面も少なかったし。その点で言えば先の意外性であるとか、そうした要素が欲しかった。森本には若干その要素があったが。
あとは戸川が45分とは言え、それなりに仕事が出来ていたこと、イエローカードがなかったこと、短い時間ながら森本が良い動きを見せたことは好材料か。
「ヴェルディを焦らす」ことがエスパルスの狙いで、その点で言えばエスパルスは予定通りだったのだろうが、言い換えればそれ以上の何かがあったわけでもないので、「一点取れればズルズル勝てそう」という雰囲気のみが続いたまんま試合終わってしまった。
ヴェルディ自身はカウンターからの失点もなく、高木義成のプレーも含め、一応は評価しても良いだろう。それほど悲観していないのは、ボールの動かし方も良かったし、組み立てに詰まる、ないし極端にパススピードが落ちる時間も少なかった点にある。攻撃の薄さはどうしても問題点として浮かんでしまうが、あの状況であれ以上の厚みを出そうとすれば、かなりのリスクを必要とする。惜しむらくは平野あたりが周りに「気を遣いすぎている」感じで、あそこがもう少しゴリゴリと自分勝手な感じを出してくれていると、むしろ活性化したんじゃないかなと。
ただ結果は結果として、そこに危機感を全体で共有して、次の手立てをしっかりと検討して欲しいものである。
[PR]
by eixeix | 2005-03-13 02:23 | サッカーとか。
<< Jリーグ・ヤマザキナビスコカッ... J1第1節 v.s. 大分トリ... >>