ものすごく今さら。
ゼロックス・スーパーカップ

どうでも良いんだけども、なんで「Fuji Xerox」じゃなく、「Xerox」単体の冠なのかね?知ってる人いたら教えてください。
試合の日は出張で伊豆の山奥にいました。試合は帰ってきてからビデオで参照。
むー。予想よりは仕上がりが早いけど、フィット感など含めるとまだまだかなぁ。
この方の評価なんぞは割と高かったようですが。
米山不在の影響が守備面よりも攻撃面で顕著に現れてたかな、てのが正直な印象。李はどうもボール持ってるときに敵に寄せられると慌てる場面が目に付くし、無意味なフィードをすることがある。戸田もコンディションの関係もあるのか今ひとつであったし。バックラインからの組み立てについては、明らかに展開の一歩目が遅くて、中盤の機能不全を起こしたというか、大悟や慶行から余裕を奪っちゃった印象。平野は良くも悪くもあのぐらいかな、と思うけど。結果として、林がバックラインから出て頻繁に中盤に参加して、最後は4バックで普通にボランチになってたけど、要はそのぐらい、最終ラインからの組み立てに問題があったのではないかと。良いときのヴェルディはバックパスが前線のランの「トリガー」になってるて話を天皇杯ぐらいに書いたけども、今回はそもそも日産のプレスに負けて中盤が圧されてるのであって、そこでバックラインがあの出来ではどうしようもなかろう。むしろ良く頑張ったと言えるかも。ただなぁ、被カウンター時にライン下がるの早すぎ。腰引けすぎ。そりゃまずいって。もうちょっと頑張れって。相馬や山田、平本については、ま、あのぐらいでしょう。
あとワシントンは凄いね。うん。素に戻っちゃうぐらい凄い。序盤にワシントンの力で勝ちを拾っていけるようだと楽だなぁ。
PK戦は、林の一発目で勝負あったかもね。ただでさえ同点の起点になっちゃったエノタツから、戦意を根こそぎ奪ってしまったような。高木はそろそろ「反射神経系GK」としての立場に置かれつつあることを自覚した方が良い。こいつは、実はあんまし良い事じゃないよな。ま、上野をストップした場面と、いくつかあったセーブシーンはお見事でした。

もう開幕かぁ。仕事忙しいから、3月は見に行くの大変かもなぁ。

とりパン楽しいよとりパン。
[PR]
by eixeix | 2005-03-04 02:19 | サッカーとか。
<< J1第1節 v.s. 大分トリ... とりパン >>