日々育つ緑。
と、いうような感じでしょうか。
FC岐阜戦。気温は夜7時をまわってなお30度を越え、風はなく、べっとりとした湿気が西が丘を覆うという、まあ、今年のいつもどおりのコンディションというか。
部分的には苦労した印象もあるんですけど、終わってみれば2-0で勝利。途中出場した阿部の2ゴールで久々の2点差勝ちに冨樫くんがドヤ顔ですマジで。
さて。
前半最初から良い出足でした。前節の負けを引きずる雰囲気はまるでなく、スッといつものリズムで入っていけるところに、今年のチームの統一感を感じます。飯尾がキレてましたね。ちょっと怖いぐらいに。
ただビッグチャンスを立て続けに決められずに、少し向うがリズムに慣れてしまうと、こちらもちょっとペースが落ちてしまうという。難しいところですが。ただ全体に、守備の距離感がズレる場面はほとんど見られず、高さを使われる部分で落とされた後の処理を間違えなければ、まあそこまで危険な事にはならないのかな、という印象でずっと見ていました。
先発の左サイドバックに吉田ではなく高橋を起用したのが変化のあるところでした。岐阜は大型選手の多いチームで、特に右サイドのMF西川、SB新井どちらもサイズがあると。その辺も恐らくは意識した起用だったのではないかな、と思います。本人的にもまずまずだったんじゃないのかな。決定的に悪い部分はなかったですかね。攻めの部分ではもう一工夫欲しかったとも感じましたが。
菊岡は故障かな?次男が先発でしたが、開いてボールを受けて欲しいようなところで、駆け引きの中で狭いところに入っちゃう場面がいくつか見られて、そこはもうちょっとシンプルな形でボールに絡んであげると、みんなラクになるのにな、と思うようなところがありました。まあ、点取りたいんでしょうから、悪いとまでは言えないんですけど、今回の岐阜のように、忠実にしっかり付いてくる相手にはやや無理があった気がします。
岐阜は前に大型選手もいますが、雑に蹴ってくるような事はあまりなく、しっかりと狙いを持った攻めをしてくるな、という印象。攻めも守りも真面目だな、というか。ただ精度の部分では少しズレたりして、こちらとしては助かってた部分もあるかな。
そういう内容の中で、やはり攻めてる時間帯に先制点を決めきれないと苦労するのは当然、という感じでした。0-0の予感が競技場に漂いだす中で、しかし途中出場の阿部が縦への速さと積極性をゴールに結びつけたのは、当然ですが、非常に大きかったな、と。でも、やっぱり偶発的なものじゃなく、中央に寄せて、さらにサイドまで意識させた上でのミドルという先制点の形は、ヴェルディがこの数試合、ハッキリと意識して作ってきている形が出たものと見えます。
つまりそういう一貫性、統一感が、このチームには整備されつつあり、それは昨年とは明瞭に違う点であると、そう断言して良いと思うわけですね。バウルなんかも言及してましたけど。
まあ、勝ち点とか経営体制とか、色々と目や耳に入るものもあるんですけども、ひとまずしっかりと結果出して、後のことは後のこと、という感じでひとつ、最後まで頑張ってやりきって欲しいと思います。

追記
ベレーザの試合は最後の方だけ。文字通りの猛暑の中で、ちょっと見たことないぐらい走れない、ミスが多いベレーザを見てしまって、何かこう、非常に居た堪れない気持ちになりました。
コンディション的に難しいのは当然ながらも、やはり開催形式についてもうちょっと考えたらいいのに、と思わざるを得ないですよね。
ユースは東京都サッカートーナメント(兼天皇杯東京都予選)決勝にて横河武蔵野FCと対戦。延長の末、2-1で勝利し、天皇杯出場権を得たとの事。すげえなあ、とひたすらに感嘆。横河はなかなか天皇杯に縁がなく、そういう意味では非常に悔しい敗戦だろうと思いますが、やっぱりこういうのは、勢いもあるのかなぁ。逞しいよね。
天皇杯1回戦は駒澤大学と。関東大学屈指の肉弾派チームですが、さて、どうなりますやら。

追記2
それにしても、ザックが来ちゃうとか・・・。
[PR]
by eixeix | 2010-08-31 21:43 | サッカーとか。
<< さてと。 札幌戦の感想 >>