札幌戦の感想
を書いてなかったので、まあ、せっかく良い試合して逆転勝ちだったので、ちゃんと残しておこうと。
夜7時半をまわって気温32度とかフザけたコンディションだったわけですけど、その割にはよく動けていたし、札幌は少し重かったのかな。ほぼずっとボールをキープした状態でゲームを進められたので、そこは狙い通りなのかな。
前半頭からボールはまあまあ動いてたけど、ちょっと札幌に引っ掛けられてボールを前に運ばれたりしてて、失点もボランチのところでギャップが出来ちゃったのと、吉田が対応のミスというか、内村から目を切っちゃったので、そこから裏を使われたのが残念。
まあ、でもすぐに取り返したし。次男の反転、菊岡の詰め。何よりクロスを上げた福田の判断と、そこに至る組み立ての確かさは感じました。
しかし飯尾が全開でしたね。キレキレでしたね。対面の藤田あたりのマークをまったく問題にしてなかったですね。ちょっと驚くぐらいの良さ。後ろから出たボールの収まりも良かったし、平本との距離感も良く、次男とうまくポジション入れ替えながらゲームを優位に進めるキーになってました。
後半になって札幌がシステムを変えてきて、後手踏むかな?という場面もあるにはありましたけどね。こちらの右サイドを深くまで行かれる場面もあったし、特に後半から出てきた近藤が非常に煩い選手なので、そこでかき回されるのはイヤだったかなと。
でも実際、ピンチと言っても、本当に札幌のシュート本数分ぐらいしかなかったし。何よりCKを一本も取られなかったんで、精神的にもラクだったかな、と。
全体として、ボールの動かし方、特に長短の変化が良く、札幌の守備が的を絞りづらい状況をずっと作れたという点はありそう。サイドに長いボールを入れるにあたって、センターバックの2人からのフィードにブレが少なく、思い切って出て行けてたと思います。ボールを奪う場面で(札幌の判断の遅さが少し出たけれども)、ちゃんと寄せて、コース切って、挟んで、という「リズム」が良い。考えずに出来てる感じがする。そこで奪ったボールを「前に付けて」「自分が出る」ところまで、きちんと整理されてる。そこで判断が遅くならないから、ボールの動かし方に迷いが少なく見える。大したもんだな、と。
あまりにヒマだった土肥ちゃんがちょっとダルそうだったり、ヒマに飽かせたセンターバックの2人がやたらゴリゴリ上がって来てたりしたのがアレでしたが。
札幌はどうも攻めの場面で不必要にリスクの高いプレーをしたり、つながればチャンスの場面でミスを重ねたりとかが出てしまい、残念な感じ。ヴェルディからすれば、楽をさせてもらったなと。人数かけて厚い守備をしいてたけど、パスレシーバーに対しての守備はずっとズレてたしね。
ただ1-1のまま推移してたので、引き分けも仕方ないかなという感じもあったんですけど、最後に平本が捻じ込んで逆転だったので、ま、大団円という事なのかな。失点の場面に絡んじゃった吉田がしっかりアシストしたので、本人もホッとしたろうと。直前にトラップミスでチャンスを潰しちゃったので尚更かな。
ただどうしてもこれだけボール動かせるチームになってきてると、パーツごとのバランスとかは気になってくる。怪我がまず一番怖い。幸いな事にレギュラーには長期故障者が出てないものの、この先、疲労が溜まっていけば必ず問題になってくるだろうし、実際、全員どこかしら痛んではいるのだろうな、とも思うし。どうしても個々にちょっとずつアンバランスなところがあるチームなので、今はそれが上手い事連結されてるけれども、疲労が重なってくれば欠点はより顕著になりやすいしね。そこらへんは監督がうまくマネジメントしてあげて欲しいけど。
このペースが持続してくれればナァ、と願わずにいられんすよね。良いサッカーと呼べるものになってきてる。
それを実感できる試合でした。
[PR]
by eixeix | 2010-08-18 11:57 | サッカーとか。
<< 日々育つ緑。 相変わらず >>