ふうむ。
札幌戦を友人らと八王子HUBさんなぞで見て、まあリアルタイムというよりは、後々、酔った頭で整理しつつ思ったのが、この試合の表れ方というのは、結構不思議な現象であるなぁ、と思ってたり。

札幌とは順位的にも勝ち点的にも変わらない。
チームの目標設定は恐らく違ってるはずなのはそれとして、基本的に入れ替えが少なかったはずの札幌と、監督も含め模様替えを迫られたヴェルディと、という力関係。
そういう前提になってる条件に対して結構ネガティブに札幌が反応し、ヴェルディ側は割とポジティブに受け取っているのかなぁ、というような。

ヴェルディは前節から大きくは変えない布陣。狙いもほぼ前回と同じで、問題とか、いくつかディテールの部分では問題があるのを認めた上で、0-0という結果を受けても、内容的には「うん、前進かな」という捉え方。でも札幌はやっぱり現在の状況を「苦境」と捉えているフシがあり、それはもちろん、3-5-2へのシフトという現実の事象も踏まえた上で、でもこのリザルトはやっぱり満足とまではいかないだろうなぁ、という。
まあ、よそ様の事なので、実際はどうなのかは分からないにしても。

ヴェルディは前半、結構ガマンの展開。ただ札幌の攻め自体はキリノの動き出しとキープ力を「アテにした」ある意味でゴリ押しな部分も少なからずあって、押されてはいるように見えても、土屋、富澤、土肥のところで止まる、という、個人の守りが目立つ。言い換えると「頑張ってれば止められる」というレベルの話だったので、「ミスしなけりゃ失点まではいかないかな」という感じで見ていた。狙いがあったはずのサイド攻撃は、機能性としてはそれほど脅威でもなく、ただしヴェルディ側はそこを気にしすぎているのか、サイドハーフとサイドバックの関係性が悪くなって、内にボールを寄せては悪い奪われ方をする、という繰り返しがあったのが非常に残念。
縦へのシールが通常の4バックよりも深めに入るので、中盤が狭く感じることもあるんだろうけど、局面としてはボランチと協力して縦へのチェンジを含めながらサイドを割るのが定石だと思うわけだけど、どうもスピードダウンしちゃうのがなぁ、という。サイドチェンジがもっと効果的に出れば少しは厚くなったんだろうけどね。
それだけに前半の良い形は決めておきたかったところ。
後半は少し持ち直したけど、どうもクサビを当ててからの展開がズレるとか、出し手と受け手の角度がズレるとか、そういう個々の狙いと動き出しのズレと合わせられない技術の問題と、という、少しがっかりなミスで攻撃が止まったのがもったいない。チャンスを作った時の質自体は悲観するほど悪くはないんで、まあ、工夫やスピードの変化がもっとあれば、チャンス自体も増やせるのかな、と。そういう意味では途中から出てきた俊幸や善朗が上手くチームに変化を出してくれたのは良かったな、と思っている。
CKが取られすぎているというのは、特にサイドバック上がった後ろを頻繁に使われたところがあるんで、やっぱりオーバーラップから攻撃参加したときに、良くないボールの奪われ方を避ける、というのはもう絶対だよなぁ。ボールの動かし方を早く、サイドチェンジのタイミングと強さ、といった辺りで質を上げてって欲しいなぁ、というのが感想。

試合間隔短いですけど、頑張ってください。
[PR]
by eixeix | 2010-05-06 23:56 | サッカーとか。
<< やっと勝ったか。 うお、もう試合あるのかよ。 >>