うお、もう試合あるのかよ。
やっぱGWは日程が詰まりすぎてると思うんだよなぁ。
そりゃさ、たくさんお客さんに来て欲しいってJリーグの気持ちは理解できるけど、でもそれ、あくまでもリーグの都合であって、クラブやチームの都合は無視してね?って思う。
やっぱGW中に3試合は多い。2試合にすべき。クラブだって地域活動とか練習場に来たサポーターと交流とか、そういうのだって試合と同じように大事なのに。

愚痴はともかく。

ヴェルディは鳥栖と1-1のドロー。平本のゴールで先制するも、またもロスタイムに失点して逃げ切れず。
やれやれ、という感じ。

内容自体についていうと、まあ、凄く良かった、とまでは言えないけれども、継続的に見ている側としては、少しずつ前進してるな、という部分で手応えを感じつつあるんじゃないかな、と見ている。
「ピッチが夜露で滑りやすい状況だったので、あえてドリブルでの仕掛けを増やすように選手に指示した」という川勝監督の談話は、「いかにもだな」という感じだけれども、結果としてカウンターから、そういう流れの中から点取ったわけで、あながち間違いでもなかったのだろう、と思う。
前半はある程度シュートの形を作れていたのに対し、後半、鳥栖がある程度割り切って大型2トップめがけて長いボールを蹴ってくるだろうな、という予想はあり、その通りの展開になる。
でも鳥栖の良さというのは、勝つためにまっすぐと、自分たちの出来る事をやり続ける、その真摯さにあると思ってもいて、あえて言うと、やっぱり松本監督の人柄というか人間性が出ているんだろうな、などと思う。
結果的にCKから失点したわけだけど、そこにいたる、最後まで不恰好でも前に進んでくる感じというのが、どうにもプレッシャーになったのかもな、と思うし、粗雑ないしラフに見える部分も少なからずあるチームなんだけれども、ヴェルディとしてはそこで怯んではダメだし、あえて言うと、その前の時間帯、相手陣で時間稼ぎをする際に、もっとハッキリしたやり方を続けておくべきだったとも思う(ちなみにキープしての時間稼ぎそのものが悪いとはちっとも思っていない)。
実際のとこ、長めのボールを使ってくる相手に対して、セカンドボールを拾う、と簡単に言うけど、それはコンパクトさや運動量「だけ」ではどうにもならない部分で、要はヘッドに当てた後のゆるいロブの奪い合いになれば、単純に体重がある方が有利、攻めで前に出てる方が有利という部分があるのは否めない。だから単純に強さを出せる選手がセンターにいた方が良い、という僕なりの考えは昔からあんまり変わってないんだけど、それはまあ、晃誠がどうとか佐伯がどうとかではなく(彼らはまずまず自分のタスクを果たしたと思う)、結局、やろうとしてることの実効性、関係性の中で判断するしかないわけだ。そういう面で、まあまあ守備陣の我慢が効いてるうちは、あんまり突き詰めずにOKとせざるを得ないのかなぁ。

全体の中で印象に残った選手としては菊岡かな。ボールの運び方も良かったんだけれど、それ以上に、中盤での守備・インターセプトで「おっ」と思わせる事が何度かあって、そこ起点のカウンターが作れていたなと。ちょっと悪い面で気になったのが吉田。顔を出した時に、どうも技術的にミスが目立つ事があって、そこはもっと正確にプレーできるようになって欲しいなぁ、という辺り。なじんできてると思うんだけどね。
平本はこのまま何とかコンスタントに点取れる時期が続く事を祈るのみで、他は特にない。
土肥は、例のロングシュート?の場面でもそうなんだけど、正直ちょっと疑問符がつくようなプレーが何度かあって・・・。もちろんビッグセーブでチームを救ってる場面が幾度もあるのは確かなんだけど、一方で、もう少し前で捌いてくれればチームも楽なのに、と思う事が少なからずある。あえて「出ない」のか、それとも「出られない」のかは分からないんだけども、いずれにせよ、入ってくるボールを引いて構える事で、本人としては事故みたいな失点をしたくないという判断なのかな、と思いつつ、「それ、ノーバウンドで捌けば、守備陣がそんなにカバーしなくても良くないか?」みたいなことがちょっと気になった。別にペナルティエリアの外でヘディングしろとかそういう話じゃなく、PA内ならバウンド待たずに捌いてよくない?みたいなとこで。
まあ、贅沢言っても始まらないか、とも思うんだけど。

ひとまず何とか、流れを切らないように頑張ってください。
[PR]
by eixeix | 2010-05-05 02:29 | サッカーとか。
<< ふうむ。 ゴールデンウイークっすか >>