少しは暖かくなれよコノヤロウ
4月です。冬型の気圧配置が変わらずに、デカイ寒気団が日本上空に張り出しているのだそうです。

ヴェルディもなかなか春らしい雰囲気にならないわけですが、そんな中での久々に駒沢です。相手は福岡。
客少なっ!とかはもう言っても始まらないので、詰め込まれたゴール裏の密集感でも楽しんだ方が良いような気がします。
さてそんな日和でしたが、試合当日には遅刻。前半の10分過ぎぐらいからの観戦。
ちょっとピッチ状態に問題があるなぁ、というのが最初の印象。芝が荒れ気味なのと、少し下の土が硬めなのかなぁ、と。それもあって福岡はもう少し回してくるかなと思ったけれども、そうでもなく、ボールが持たれてからやや単調な感じ。ヴェルディも攻めようという意図は感じるし、こちらは思ったよりもボールを動かしているんだけれども、長めのボールが前に入らず攻め味は遅いと感じる。風の影響もあるんだろうけど、やはりトップに収められずにロストするところがある。河野は自分のタイミングで受けながらボールを引けるけれど、俊幸はそれぞれの動作がバラバラな感じ。経験がいるなあ、と思う。
善朗をボランチに、菊岡を右のハーフに配し、左サイドバックには吉田。バランス感を重視したという印象。全体にコンパクトさは保てていたし、ラインも高め。攻撃参加という部分で吉田に物足りなさを感じなくもなかったが、菊岡が右前でポイントを作ってくれたので、福田は深いところまで攻めていける局面が増える。善朗が小さい体でも深く食いつくディフェンスと、足の長いパスで展開を作る堂々としたプレー。菊岡はスピードがない分、タイミングのズレで追いつかなかったり、あるいはボールを持った局面で幾度か同じミスを繰り返したのは頂けないと思ったが、ボールを「出す」ところでは良い仕事も見られたので、もう少しコンビネーションが整って連動性を上げていければ面白いだろう。
途中から俊幸と飯尾のポジションを変える。考えてみれば、これは結構シンプルな解決法ではないか。体は小さいけれどボールの収め方が上手く、相手を背負ってからもプレーを継続できる飯尾に「つける」意識が出た事で、俊幸も河野も動きやすさが出ていたように思う。ただ続けていくことを考えた場合、チームとしてどの程度の伸びしろがあるのか?という疑問も。

前半はどちらもシュートが遠めからが続く。一本、土肥がワンハンドでストップした場面ぐらいが、両者唯一の決定機か?という。
ヴェルディの得点シーン。右サイド深めでボールを奪って、早いパス交換からのタメを柴崎がダイレで左オープンスペースへ。飯尾がオフサイドポジションだったが、ここに釣られた福岡バックラインのギャップを河野がブレイク。抜け出すとGKとの1対1を冷静に決める。良い攻撃。
福岡の得点シーンは途中交代の岡本からヘッダー。右サイドでボールを奪われたときのリトリートにバランスが崩れて、ギャップを作られてしまう。まだまだだなぁ、という。

後半、時間が進むにつれてコンパクトさがなくなっていく中で、ベンチが動かない。なぜだろう、とイライラしながら待つ。結局、残り5分になって失点してからの交代。強く疑問が残る。
しかし交代策については、どう言ったところで結果論が強くなるのは否めない。監督談話を見ると「最初から90分近くまで引っ張るつもりだった」との事。戦術面というより、あくまで選手の意識付けと割り切った上での発言なのだろう。その考え方にはまったく賛成できないが、しかし監督が自らの責任で采配するにあたっては、尊重すべきとも思う。ただ「同じ間違いを繰り返さない」という点については強く求めたいし、プロである以上、選手も監督もその責任によって果たすべきだろうと。いずれにしてもこの世界、勝てば官軍、である。

チームが成長途上にある事は認めた上で、半歩前進した感があるのがこのゲーム。ディフェンスバランスも整って(恐らく「90分やる」というのは、「行き過ぎない」という意味も含むのだろう)、勝ち点もどうにか取れた。
ただ仕上げていくにあたって、個々の選手、つまり戦術単位、パーツのレベルが上がらなければどうにもならない部分があらわになってきているようにも思う。
チームを作るにあたっての優先順位がどのようになっているのか、じっくり見ていきたいな、という気分。
[PR]
by eixeix | 2010-04-05 20:41 | サッカーとか。
<< ゴールデンウイークっすか しっかし寒かったな。 >>