年末ぇ。
クラブの人事往来とか色々とありますが、まあ、この程度の動きはあるだろうね、という辺り。
ただ、「向こう3年は若手を鍛える」という当初方針からして、若手の方が流出が早いってーか、むしろ今のヴェルディから若手以外に欲しい選手などおらんという周辺クラブの思惑が露骨なので、それはそれで苦笑するとしても、やっぱり如何に若手の有望株を慰留するか、という点について、クラブのプライオリティがどの辺なのかが分かりづらいのが問題だと思う。
金が無いのは当然。だからこそ、プライオリティは重要。そんな事を企業経営に携わってきた方たちに言うのは釈迦に説法であるのだけれども、問題点として、クラブの設定するプライオリティとサポーターのそれとの間にズレがあるとすれば、そいつは堪忍袋の緒やら導火線やらを短くする要因になるので気をつけた方が良いよ、というのが、今出来る最大限の助言なのではあるまいか。
こうしたギャップがクラブとサポーターの間に存在するのはむしろ当然で、だからこそクラブ側がオープンに意見を求める姿勢を崩さないようにする事が重要なんでしょうが。もちろん、サポーターの言う事をいちいち間に受けてたらやれない部分もあるだろうとは思うんで、それはそれとしても、サポーターが「何に期待をし、何を疑問視しているか」というあたりにどれだけ鋭敏になれるかというのは、センスの問題もあるのかなぁ、などと思う。
個人的に移籍市場の流動性が高まったってことは、金がなくても選手獲得をしやすい状況になったと思ってるので、一年ごとの移籍で「今生の別れ」みたいには思わないようにしている。
プロなんですから。それぞれのフィールドを求めて戦うことが重要なんですよ、選手は。
まあ、喜山と林陵平の2トップをこのクラブで見たかった、という思いはある。そこだけは、心残り。

話変わってほぼ第14回ぐらいのはず椅子男杯。自称麻雀好きがメンツ揃えて一泊して8半荘しか打てないのも如何なものかと思いつつ、まあ、あまりギスギスせずに、ノンビリとてちてと牌に触れるのが妙味であろうと。
個人的には体調こそまあまあだが不調感漂う出だし。小上がりで状況を維持しつつどうにかトップ目にたどり着くも、オーラスで親の青田さんに振り込んで転落、というあたりで「やっぱなぁ」とか思う感じ。
そこからは一進一退というか、まあ、トップは取れるけど重いなあ、と自覚しつつも逃げ回る展開。
ていうか、みんな寝てる時間長い。疲れてる。年の瀬だから疲れてるよみんな。年寄りかよみんな。他の客は白髪頭なのに飯も食わずに囲碁や麻雀に興じているというのに。
ご飯がおいしい宿なので、そこはいつも良いなぁ、と思う。露天風呂は危険だったが。湯は熱い。外は寒い。そういやCWCも見た。良い感じに熱い試合だったので、良い息抜き。
明けて二日目は前日よりも体勢悪く、「こりゃあかん」と。ていうか強い手が出ない。裏ドラ乗らない日。最終2半荘までにはトップ青田さんを追える位置につけるも、場替えにて着いたのは、やまかんさんが6半荘かけてじっくり冷やし、さながらコキュートスと化した席。ろくに聴牌も出来ないまま2トビとか、この辱めをどうしてくれるの。いや、席のせいじゃないから。明らかに自分のせいだから。そんなわけで、あんまりいつもと変わりませんでした。
あ、さわさんはだいたいずっと飲んでました。
[PR]
by eixeix | 2009-12-26 01:51 | 日常とか。
<< あけましておめでとうございます。 色々とある。 >>