つまり、サッカーの面白さ
そこを定義するのは、あるいは一般化するのは、想像するよりも意外に難しいとは思うのだけれども、ただ言えることは、試合終了後、ベルマーレの選手たちにヴェルディのサポーター達が拍手を送った事実こそ、このゲームの内容を誠実に評価した表れであると、そのように思うわけで。

お互いに攻撃的でオープンなゲームをやった。結果はドローだった。ラストプレーで追いつかれたことは残念であり、悔しいのも確かなのであるが、それぞれのチームが得たものは確かにあった。それがすべてで良いじゃないか、と今のところは思う。
ベンチワークの部分では疑問もあった。しかし早々の藤田の故障というアクシデントも考慮すれば、打てる手はかなり限られていた。
ゲームを通して、湘南の両SBと、中盤との距離感や受け渡しにズレが見られ、最初こそ坂本・寺川・田村の張ったスクリーンにさえぎられていながらも、引き付けてから逆サイドという形が嵌まり始めると、面白いようにサイドから切り崩せた。結局、アジエルにボールを預けてくるタイミングをきちんと見て、奪うポイントを定めてから、取って逆サイドを見るパターン、特にレアンドロが左サイドから広いアングルで攻撃をセレクトできる状況が増やせたのが大きかったのかとは思う。
が、それがどこまで戦術的に狙ったものなのかは分からず、むしろ全体に動き出すタイミング、ボールをもらうタイミングと早さが整理されていて、それは言い換えると、守備の作り方と切り替え際の詰めがちゃんと出来ているのだろうな、という。
レアンドロの才覚にサポーターが忠誠を強める一方で、しかしシーズンが終わろうとしていることにお互いが寂しさを感じてもいる。井上平の覚醒は、より確信をもって受け入れられつつある。廣井は不慣れな状況でかつ決してテクニカルな選手ではいが、しかし「自分に出来ること」を誠実にこなそうとしている姿勢は好感される。服部の攻撃時のミスが気にはなったが、攻守の切り替えの場面での位置取りはさすがと思わせる。土屋・富澤の両CBが躊躇なくオーバーラップできる道理。

たまには勝ち負けを抜きにした良いゲームがあってもいいじゃないかと。もちろん、湘南としては勝ち点3が欲しかっただろうが、それは次節、自力でつかみとって頂きたい。

セレッソと仙台が昇格を決め、千葉が降格した。
シーズンの夕暮れ。
[PR]
by eixeix | 2009-11-11 01:06 | サッカーとか。
<< そろそろ やっぱこう >>