つまるところ
「攻撃力「攻撃性」っていうものは、個人スキルの重要性はもちろんあるのだけれども、そのスキルを軸に如何に練り上げるかという着想・構想の部分で、嵌まる形を正確にチョイスできるかどうか、そこで半分ぐらい決まるんじゃねぇのかと思ったり。
ただそれは、集められる人に寄るよね、という、ある意味投げっぱなしな現実もあるわけで。セレッソ見てると特にそう思います。

基本的に「前半は良かった」という考えには与しない。
というか。
前半のセレッソが中央に付けるタイミングが早過ぎる気がして、「真ん中が頑張って守る」的なところに守備のテーゼの8割ぐらいが含有されてるヴェルディにあっては、言い方を変えると「みくびられてる」というかね。そんな感じで見てました。向こうの2シャドーとサイド、ボランチの出入りを「誰が」「いつ」見るかという辺りは整理されてなくて、スカウティングやってこんなもんなら、どれだけ漫然とした事やってんだみたいな。グループ守備をきちんとやらにゃ一気にやられる可能性のある相手に対して、2人以上の関係性を作られると、ボランチが見るのか、サイドバックが見るのか、前目はいつのタイミングでフォローするのかとか、そういうのはバラバラなまま。個人の判断でやってるから、お見合いしたり、カバーもないのに2枚行ったりとかね。
「こりゃ後半やばいなー。セレッソが中に引き付けてからサイド→サイドトゥサイドとかやられたらボランチ死んで終了だな」とか思ってたら、案の定その形でやられて「無策すぎる・・・」と残念な気持ちになるどころか、むしろ自分の予想が当たって軽く嬉しかったりぐらいの。まあ、フィジカル面で差があるっちゃその通りで、カイオを最後まで抑制出来なかったんだから、そこ起点にされるとね。どうにも、という。
結局のとこ、土屋と服部の才気でもってチームの体裁を保ってるような状況であるのだからして、グループで崩されるのは仕方がねえ。所詮、そんなもんだ。
攻撃面でも、なんかこう、寄せ集めて頑張りましょうみたいな部分はここ今日に至って今さら変えようもなく、その日のチームのリズムにレアンドロが「合う」日は良いし、「合わない」日はダメだし。どうやって「合わせる」かはサッパリないので、それってただ投げ出してるだけだろ、とか、やっぱし河野は左のほうが良いんじゃね?と思わざるを得ず。大黒は、やっぱちょっと、コンディション的にはどうなのかなぁ。
全体にファイトしてるのはよく伝わってきてる。でも、それは今年に限った話じゃなくて、この3年ぐらいでじっくり身に付けたもんだよね、とも思う。
愚痴言ってても仕方がないんで。
せめてもう少しフィジカル面で対抗できる余地がないと(つまりトランジションゲームやりきるぐらいのスタミナであるとかアジリティであるとか)、どのみち手詰まりになるのは見えてるんで、まあ、今年を乗り切ったら、来年はそっから着手しないとどうにもなー、と思いました。はい。
[PR]
by eixeix | 2009-09-24 23:37 | サッカーとか。
<< 国立で 予想通りというか。 >>