予想通りというか。
漫然と負け試合を眺める羽目になったというのが、横浜FC戦の感想。

個別のミスが多かったという印象は強いし、クローズドエリアでのグループプレーのギクシャク感みたいなもんはそのままだし、セットプレーでの工夫も見られない。

言うたら、何のために毎度毎度試合前に非公開練習やってんですか、みたいな。
練習内容が恥ずかしいから見せたくないんですか、ぐらいの。
でも、そんな懸念を持つ必要などないんですよね、と思うわけで。
だって他人に見せようが見せまいが、この程度なんですから。
研究されてんですから、先方には。
それが改善されてないから負けてるわけで。
松木安太郎ですら、あの恥ずかしい練習内容を堂々と公開していたわけですから、高木監督にはどうぞ心置きなく恥ずることないはずの練習を公開していただきたいものだと。

ともあれ。

ここで監督や選手を糾弾したところで、現状が変わるわけでもなし。
ゲームに関しては、ある程度のところは観念して眺め続ける、というあたりで手打ち。
秋風が涼しいですね。

クラブの株主変更につきましては、何と言うか、10年ぐらい前からすでにその辺りの事については相応に覚悟も整ってるわけで、感想としては「ついに来たか、やっと来たか」という感じ。
新会長をはじめ新経営陣のやる気と才覚を問うところにあって、来年度予算の確保についてJから具体的な数字が提供されたのは、むしろ良いことであると個人的に思うわけです。こういう話はオープンにやるべきだ。隠してたって誰のためにもならない。
新経営陣も、たかだか5億そこらの協賛金が集められずに、どうやってこのクラブをプロとして運営するつもりなんだ、ってのは不況下であれ何であれ、当然の資質として求められるだろうと。そこをまず見せて頂きたい。ビジネスとしての東京Vの可能性を示す事は、サポーターにとってだけでなく、企業や地域・公共に対する存在価値の証明でもあるわけですから。それがなきゃ、いずれにしても駄目だと。
ただ旧経営陣は、対外的には「経営のパートナー探し」という言葉で今年の経営方針を進めてきたはずなんで、一般的な業務提携とか「経営パートナー」として持ち株会社に株式譲渡するなら、HDにも日テレが出資するのがスジなんじゃねえの普通のビジネス的に、とは思いますが、恐らくやらんでしょう。そういう心算があるなら、小湊社長のセリフは出てこないよね。ここにいたる財政面での負担と経緯については感謝こそすれ文句を言う筋合いでもないので、これ以上は申しません。日テレや読売内部でも必死に支援して頂いてた方がいらっしゃることも重々承知しておりますので、個人的に重ねて感謝申し上げると共に、むしろサポーターとしての力不足などをお詫び申し上げる次第でございます。

あとは野となれ山となれ。
[PR]
by eixeix | 2009-09-21 14:08 | サッカーとか。
<< つまるところ 勝ったか。 >>