半歩前進
大甘に見て、という感じであるが。

湘南には2-0での敗戦。内容的にそこまで厳しいという感じはなかったものの、チャンスの量で決まった試合ではあるなぁ、と。

守備面の局面でのとっ散らかり方が気になる。富澤自身は土屋の穴を埋めるべく、良くファイトをしているとは思うが、やはり細かいミスが連鎖的に起こっている。仙台戦も然りだが。そういう中で再三指摘している土肥のプレーエリアの狭さというハッキリした欠点が見えて、少し嫌な気持ちになる。最終ラインとの意識の共有が十分ではないとも見えてしまう。突き詰めて言えば、どんなサッカー選手でも得意不得意はそれぞれあり、不得意な部分を如何に隠蔽してリスクを減らすか、というのが経験なのだろうと思うわけだが、若い最終ラインの選手たちは、土肥の欠点を覆い隠せるほどには賢くプレーできていない。土肥もベテランである以上、判断に関しては経験に裏打ちされたモノだという事は理解できるにしても、今は慎重さを通り越して臆病と映る。土屋がいない今、精神的に支えて欲しいのだが、残念ながらそれに見合った質のプレーを見せているとは言い難い内容だった。厳しく見て、2失点とも土肥の責任は大きい。

永里が右サイドで奮闘するものの、レオナルドとの関連性はあまりしっくり行っていないと見える。逆に左サイドは滝澤と飯尾と藤田の3人で渋滞したりしており、その辺のバランス観はどうなのだろう?と思ってみていた。にしても永里は守備のときに良い立ち方が出来ていない。誰が教えてるんだ、あんなの。簡単にマークを剥がされていて、さすがにサイドバックは無理目だと思うわけだが。
結局のところ
ハーフタイムで「サイドに行くのは良いとして、一工夫欲しい」みたいな事を思っていたら、高木監督や富澤のコメントも似たようなものだった。とは言え。藤田は切り込むような技術もなく、永里もライン際まで行ってのクロスが精一杯。ボックス内までペネトレーションしていけるような人もおらず、高さもないのにアーリー気味のクロスを入れてはジャーンに跳ね返されるお粗末な攻めが続く。そこで工夫や仕掛けが欲しければ滝澤よりは柴崎だろうな、とも思う。いずれにせよ、仙台戦を見る限り、滝澤と柴崎を2人同時に使うのは無意味に思えていたので、どう整理するのだろうな。プレースタイル的にはだいぶ異なるのだが、共存させるのに難儀するいうのもアレだなぁ。河野もどるのを待つというのもアレだが。

攻撃のクオリティは大黒と飯尾のキープ力によって、どうにか維持されている状況。レオナルドは多少ブレがある。平本は終盤、トップ下的な使われ方に見えたが、これはまあ、そんなに悪くないかもしれないというか、無理して滝澤使うならこれでもええんちゃうか?みたいな程度の具合。

うーん。
選手交代をしていくにつれてチームとしてのスピード感が落ちていくのもどんなもんか。ポゼッション志向なのであれば、やっぱり河村を低い位置に持ってくしかないんじゃないかなぁ。2列目の運動量を上げない限り、大黒の孤立傾向は解消されないだろう。弦巻とかはどうした。出来れば藤田をやはり中央に持って行きたい。となると左は那須川か服部の復帰待ちか。

前に進んでいる手ごたえそのものはある。それは良い。問題はキャパシティなりポテンシャルなりが、今いる面子では「たかが知れてる」とも思う点であって。
あと2人ぐらい、突き上げてくるのがいると、面白いんだがなぁ・・・。
[PR]
by eixeix | 2009-04-11 23:37 | サッカーとか。
<< 笑い話で済んだのは ホーム開幕戦 >>